良い睡眠取れてる?~寝不足症候群にならないために~週末で補うクセからの脱却【健康・良質な睡眠】

【ブログ新規追加898回】

これまでのわたしは、平日がっちり、みっちりと詰め込んだ仕事(営業職)をこなし、土・日のどちらかで10時間睡眠を励行してきた。

もうね、寝ることだけが絶大なる楽しみ(笑)

自然と眠れるように、観たかったDVDをいっぱい用意して、本、お菓子、香りや羽毛布団、もふもふのインナーとか、睡眠が楽しくなるように準備をしていたんだ。

日頃のうっぷんを睡眠で晴らすぞ!と、すんごい勢いだったわ(笑)

それがね。ある時を境いに一気に止めてしまった。

コロナ禍の中で、再燃した登山だ。

山登りは、体力とそれまで鍛えてきた筋力によって、登る山が決まると考えている。

初心者でいきなり3000m級の山に挑戦!とかって、無謀だ。

まずは、日ごろの睡眠がきちんととれているか?朝、食事が摂れているか?など、自己診断してみるのが大事。

寝だめ傾向だったわたしも、寝だめではなく、平日にきっちりと7時間寝ておれば大丈夫。

しかし、体力や筋力は積み重ねができていないと感じて、急速な高山への登山は敬遠してきた。

やはり、良質な睡眠はすべてを助けるというか、ちゃんと7時間眠った時の登山と、3時間や4時間でスタートしてしまった登山では、まったくパフォーマンスが違ってくる。

山は早朝攻める場合が多い。なぜなら下山が3時と決まっているから。

あまり時間がない。

だからって、寝不足で深夜現地に着き、未明から登り初めてご来光を見る!とかいいのだけれど、やっぱり睡眠不足は免れないでしょ。

それでパフォーマンスが下がったら、安心安全とか程遠い登山になりかねない。

だから、登山が趣味になってから、普段の生活でも「良く歩き・良く食べ・良く眠る」を習慣にしてきた。

毎日、仕事でも最良のパフォーマンスを引き出す睡眠。

今後も良質な睡眠にこだわって行きたい。

秋の夜長は楽しいんだけれどね(笑)

では、また!

“良い睡眠取れてる?~寝不足症候群にならないために~週末で補うクセからの脱却【健康・良質な睡眠】” への2件の返信

  1. 「仄暗き 西高東低 雪催ひ」 清流子
    今日明日の空模様は西高東低、午前中は幾分晴れたものの午後からは薄暗い雲が立ち込め気分も下降気味。典型的冬型配置で、薄ら寒い陽気。こんな時は気分転換で、早めのひとっ風呂といこうか~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。