寒暖差疲労~急激な寒さにご注意!【健康・寒暖差】

【ブログ新規追加871回】

昨日は、11月中旬並みの気温だった。

18日朝の東京、駅から職場へ向かう人は、ダウンジャケットやコートを着ている人が目立った。

TVの気象予報では、午前8時の気温は、16.1度と11月中旬並みの寒さになっていた。

16日日曜日の午後1時は24.6度と、汗ばむ気温だったが、18日は17.1度とその差は7度以上。

仕事を終えて、家に帰ってから、一旦温まろうと熱いコーヒーを飲みつつ、うつら、うつらとして危うく、うたたねからの寝冷えをしそうになってしまった(泣)

夜、遅くなってしまったが、お風呂にお湯を溜めて、ゆっくりと深夜のバスタイム。

新しい薬湯を用意してたのを思い出して、さっそく使ってみた。

ほんのり、漢方の香りがするお湯は身体に効きそう。

白濁湯にのんびりと浸かって癒された。

急な寒暖差に身体がついていけていなかったのだろう。

薬湯でよ~く温まって、朝までぐっすりだった。

先週は石油ストーブ用の石油を購入しておいた。早くも今週中には、石油ストーブを出して使えるようにしなくっちゃ。

少し前のニュースで、「最近は、急激な気温の変化で自律神経の働きが乱れ、体が疲れてしまう寒暖差疲労を訴える人が増えている」そうだ。

寒暖差疲労の主な症状は「疲れが取れにくくなる」ってことかしら。

TVで観たのだけれど、70代の女性は「疲れが取れない」と漏らしていたっけ。

女性は「ちょっとやる気がない、だるくなっちゃう。ちょっと疲れちゃったかなみたいな」

この女性は、採血などして検査したが異常はなく、寒暖差疲労と診断されたそうだ。

やはり、凝り固まった身体を優しくほぐすお風呂タイムが非常に大事。

                 ★

わたしも10月末に全国旅行支援を利用した「温泉旅」をする予定。

急な寒暖差を「温泉」に浸かるいい口実として楽しみたい。

また、東京都心では、21日から気温が上昇し、22日は最高気温が夏日に迫る暑さだと予報されている。

さらに気温が激しく変化する見通しだ。

体調管理には充分な注意が必要となる。

一枚、余計に羽織る。首(手首、足首、首)を冷やさない工夫をしよう。

レッグウオーマーや、指抜き手袋、スカーフとかを携帯するのが望ましい。

指抜き手袋をすると、樹木希林さんを思い出すのは私だけじゃないハズ(笑)

さあ、今日も朝から冷え込んでいる。

しっかりと防寒対策してね ♪




“寒暖差疲労~急激な寒さにご注意!【健康・寒暖差】” への2件の返信

  1. 「秋暁の 機会捉えて 衣更え」 清流子
    明日の明け方から秋の爽やかさを超え、今年は早くも冬へと向かうタイミングとなりそうです。山装う自然への崇拝の念を新たとし、この機会に心も衣更えして、SDGsに取り組む真摯な生活を営みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。