時間を二倍に使う~当たり前にやって来たけど結構効率がいい~時間を有意義に使う術【暮らし・時間術】

【ブログ新規追加689回】

これまでわたしは、すきまの時間に何かひとつのことだけに時間を費やすということは、しないように心がけてきた。

例えば、仕事で電車やバスを使う時は、乗車中に社用PCでの情報のやり取りを集中してやっておくとか、よもやまそういった仕事がない移動の場合はほぼ、本を読んでいる。

新幹線や航空機なども窓から見える景色が素晴らしい場合が多いが、それもある程度眺めつつ、買い込んだお菓子やお弁当や🍺を頂きながら、情報整理や本を読む事に費やしてる。

これは至福だね。

家では、TVを観る時にはかたわらにPCを置いて、やはり検索や情報収集している。それが終わったら、次はお顔や手足のマッサージなどをやっている。

それも終わったら、スクワットや屈伸をしたりと、身体のメンテナンスをずっとやっているかな。

料理をする時は、以前は英会話や音声で聴く小説を流していたが、最近は辞めている。

なんでか?

それは、サブスクの影響で途中までしか聴けないコンテンツばかりになってきたからだ。

せっかくいい作品を聴いても途中になっちゃうと、有料で聴こうとか思えないんだ。

めんどくさいのがダメ。

だから、最近では料理中は、顔のたるみ防止で「ア・エ・イ・オ・ウ~~」とか発声したり、

ブログのネタを考えたりする時間にあてている。

だから、常にわたしの生活は二重奏なの。

以前、TVで大竹しのぶさんが言ってた話が印象的だった。それは「ひとつのことだけしかやらないし、できない」と。「洗濯を始めたら洗濯槽のぐるぐる回っている洗濯物をずっと見ている・・・」のだそう。

ある意味、すごい!大女優のやることは半端ない!とか思った。

わたしは、兎にも角にも、普段のありふれた日常の時間を単独で使う事はほとんどない。

こまぎれのすきま時間をどう過ごすのか?で、生き方さえも決まってくるんじゃないか?」と心底思うから。

とはいえ、休日の午後、ゆっくりとお昼寝をするのも幸せなんだけど(笑)

電車やバスでスマホゲームをするなら、本を読むのが断然いいのは誰でも思うことだろう。

この時間で誰よりも知識の上乗せしちゃえるかもしれない。

自分にかけた時間は最高の「自己投資」だもの。

時間を二倍に使うというとっても単純な時間術の話を書いてみた。

でも、こうも言える。

大竹さんじゃないけど、大物やクリエイティブな仕事をする人は、得てして時間を垂れ流して使うほうがいいらしいとも聞いた。

クリエイターVS時間効率なんだと!

時間を豊富に使うと、時間にとらわれないぶん、自由な発想が生まれやすいのだそうだ。

まあ、わたしなど平凡極まりない人間は「効率」を取るだけだね。

自分で自分に栄養を与える「時間を二倍に使う術」をどうぞ!

今さら、そんなこと、みんな、とうにやってるって!(笑)

“時間を二倍に使う~当たり前にやって来たけど結構効率がいい~時間を有意義に使う術【暮らし・時間術】” への2件の返信

  1. 「あれこれと 準備忙し 穀雨泊」 清流子
     今回のキャンプ泊はぎりぎりまで天候不順であれこれ心配したが、どうやら天気は回復しそう。が山の天気はわからない。雨風に加え寒さへの不安もあり、できるなら穀雨であってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。