ビジネス雑誌№1「PRESIDENT」~特集10年後「食える仕事、食えない仕事」を書き出し数値化してみた【仕事・10年展望】

【ブログ新規追加169回】

新型コロナウイルス感染で、すべての仕事が急速な業態変化を迫られている。

ある程度、勤め上げていてもう、定年間近じかという人であっても、老後の人生設計に大きく影響するのが、今までの仕事先の浮き沈みではないだろうか。

夫が買う「PRESIDENT」11月13日号に興味深い特集が組まれていたんで、早速取り上げてみた。

● 10年後、あなたの仕事は食えている?それとも食えていない?

[10年予測/PRESIDENT最新版より]

このテーマで、様々な業種を☆いくつで表してみる。(最高は5/最低は1とする)

① 自動車・自動車部品・・・☆4,5

② 精密機器・医療機器・工作機械・・・☆3

③ 重機・機械・・・☆3,5

④ 電子部品・半導体・・・☆3,5

⑤ 素材・・・☆4

⑥ 医薬品・化粧品・・・☆4,5

⑦ IT・情報通信・ゲーム・・・☆4,5

⑧ エネルギー・建設不動産住宅・プラント・・・☆3

⑨ 運輸・物流・・・☆3

⑩ サービス・・・☆3

⑪ 食品・外食・・・☆4

⑫ スーパー・コンビニ・百貨店・・・☆4

⑬ 量販店・・・☆4,5

⑭ 総合商社・卸し・・・☆4

今回のPRESIDENTでは、おしなべて「リーマンショックよりコロナショックは深刻」だと、解かれている。

上の10年後予測を見て、自分の息子や娘の仕事がどうなっているのか・・・心配になった人も多いだろう。

わたしは、この予測を見て、意外だと思った業種が2つある。たとえば、自動車関連は☆4つで見通しは明るい。

これは、EV車、自動運転技術の優位性を確保することが課題だそうだが、とにかく明るい。

次に、スーパー・コンビニ・百貨店の☆4つだ。今年のコロナでの巣ごもり需要が大きく影響している。

この先コロナ禍は続くから、食品を中心に必要に迫られた伸び率なのだろう。※ ただ、百貨店に関しての予測は立っていない。

しかし、わたしのような出版業界や教育関連はどうなるか?また、金融関連もに予測はされていない。

業種カテゴリーすらないではないか。すべてサービスに入るのかな。

どうもざっくり過ぎて(業界を選びすぎて)そのあたり、当てはまらない場合も多そうだ。

まあ、10年後どうなっているか、今できる限りのシュミレーションをするのも悪くない。

雑誌といえども「PRESIDENT」などは企業経営者、経済評論家、大学教授など、情報の信頼度は高いものだろう。

あっという間の10年だから、完璧じゃないけど、10年後を意識してみようと思った週末。

ハロウインも何だか大人しいしね(笑)

~小さな話「40代で資産2億円でもモテないのはなぜ?」~

あなたは、こんな男性どう思う?

● 電車の移動はSuicaではなく、回数券を購入して節約する。

● ガスの契約はせずにカセットコンロで節約する。

● 録画した番組は2倍速で視聴して時間を節約する。

● 維持費等、1㎞あたりのコストを計算した結果、車ではなくバイクを利用する。

● クレジットカードの徹底した活用で、地球3周分のマイルを保持している。

● 金庫に硬貨数千枚を敷きつめ、重量アップで盗難防止する。

● ATMに手数料を払う人を見ると、黙ってられない。

これを現実にやって、現在40代で資産2億円、アーリーリタイア、悠々自適に暮している。

独身。女性観と結婚については、こんな風に考える。

「元々、根っからの投資家気質。女性と付き合うにしても、コスパ・リスク・リターンを考えてしまう」と。

人の気持ちや心は確かに変化するものだ。しかし、それをリスクと捉えるのは、考え過ぎだろう。

だ・か・ら、モテないのよ。

ヴィトンのベルトをするダサさも頂けない。

メールに使う、ひと昔前の絵文字・・・何だか時間が止まっちゃてる。

でも、でも、大金持ちなのだ(笑)

一度、でっかい失敗してほしいな。

“ビジネス雑誌№1「PRESIDENT」~特集10年後「食える仕事、食えない仕事」を書き出し数値化してみた【仕事・10年展望】” への2件の返信

  1. 「10月尽く 価値の羅針は 廻りけり」 清流
     今現在、若い人中心に幸せ基準が変化して来ていると言う。リモートで時間を有意義に変える。サテライトで可能な仕事に集中する。あとはコミュニティをどうするかだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です