お祝いの朝~たまには息子の話を。【暮らし・祝い】

【ブログ新規追加325回】

都内の某企業に勤める息子(営業職) が「社内表彰」を受け、社内報に載せる「家でのくつろぎショット」を撮って欲しいと頼まれていた。

息子「写真のテーマはドライブ。趣味は遠乗りで行こう!」

とか言って、彼は自分の車を持っていない(笑)

以前の転勤時に家を独立した時処分している。

だから、必然的にわたしの車で撮影をするのだ。

昨晩遅く、撮影のために帰宅したので、まだ夢の中。(現在、午前9時)

わたしの出勤はどーなるのだろう?!本人は有給休暇らしいが。

でも、何だかとても嬉しい。

いつもなら、子どもや家族のことはあんまり書かない。だって気恥しいのだもの。

特に子ども自慢みたいになってしまえば、どこか居心地の悪さが漂ってしまう。

しかし、今日は特別。

ただの親として祝福する。

全国一位、本当におめでとう!

“お祝いの朝~たまには息子の話を。【暮らし・祝い】” への2件の返信

  1. 「眼閉じぬ 息子勇姿や 宵の春」清流
     コロナ禍の中、普段からあまり顔を合わせないが、幸い営業先を飛び回ってもコロナの網にはかからず全国一位の成績を残せたらしい。顔には出さないが目を閉じれば誇らしい顔が浮かぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です