胃弱に優しい名もなき料理を作る~これまでのわたしからこれからのわたしへ【暮らし・創作料理】

【ブログ新規追加908回】

子どもが家を出て(今は戻ってるが)夫婦2人の生活になって。

仕事や暮らしのスタイルを年齢に合った形に変えたい!と、思いつつ、

そんなのんきな暮らし方の変更したい!なんて、忘れていたんだ。

しかし、あることが年齢を重ねるための、人生のささやかな節目が訪れた。

あることとは、「味覚」のこと。

ここ数年、良く作るのはレシピいらずの自由な料理。

旬の素材を美味しく食べる。

このことを基本におけば、お献立に悩むことはない。

ただ、最近、好みというか味の好き嫌いがすごく出てきた。また、胃弱の症状が出て来たのね。

中年になって、量もあまりいらないし、食べたいものを考えると、少量な単品ばかり。

例えば、生たまごご飯(毎日食べたい・笑)とか、ニラの油炒めとか、なぜか、栄養が欲しくて牛乳を飲みたくもなるんだ。

本当に不思議。

こんな、適当な好みに振り回されてしまうんだけれど、もう、料理名にとらわれずに、素材の持ち味を生かす・・・名もなき料理ばかりが並ぶ食卓となってきた。

「厚揚げとニラの煮びたし・ラー油入り」とか、「牛乳たっぷりのじゃがいも&ベーコンのグラタン」(これは20代の時に知り合いから教わった作り方でホウレン草でもOK)とか。

極めつけは、牛肉なしのビーフシチュー(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハインツ 特選デミグラスソース EO缶 290g
価格:306円(税込、送料別) (2022/11/24時点)


ハインツの缶入りデミグラスソースを使って牛肉の出汁だけが香る根菜(かぼちゃや蓮根たっぷり)のシチュー(ミルクをたら~りと入れても美味しい)

というわけで、わたし流の創作料理をほぼ、毎日仕込んでいるのだ(笑)

きっと、名もなき料理を美味しく食べられている間は、健康で楽しく生きられそうよ。

心も体も健やかに過ごせる「今の自分に丁度いい食事」が名もなき料理なんだろう。

ま、固定観念にとらわれずに自由な発想で美味しければ、それでよし!

では、また。

“胃弱に優しい名もなき料理を作る~これまでのわたしからこれからのわたしへ【暮らし・創作料理】” への2件の返信

  1. 「ぬれ落ち葉 眺めて頻り 考える」 清流子
    散歩しながら、道の溜まった落葉が黒ずんでいくのを見ると、目的もなく出歩くことを控えようとつくづく思う。きちんと目的に合ったライフスタイルを持ち、健康に生き抜いていきたいと感じるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。