「祈る」ことは「忘れない」ということ~本気で祈ると必ず伝わる 【暮らし・雑感】

【ブログ新規追加206回】

明日、大切な友人が大きな手術をする。

彼女は、わたしよりひとつ年上。もう、孫が二人もいて、優しい旦那さまとの暮らしを続ける同僚だ。

まさかの病気の知らせは、苦手なLINEを通して伝えてきた。普段まったく開かないLINEには、彼女の悲痛な叫びが淡々とメンバーに送られていた。

その後、オンライン会議でそのことを本人から聞き、クールに「いつも通りだから心配いらない!」と、言って明るく振舞っていた。

わたしは、LINEで彼女が一番欲しがっていた「パワー=力」をなんとか送りたいと、言葉を選び考えに考えた末に、一言「ちゃんと、パワー注入したからね」とだけ入れておいた。

だって、家族や同僚たち、その他たくさんの人に囲まれているはずだから、常識通りの表面的な言葉なんていらないし、彼女をおもんばかるたくさんの励ましはすでに届いているだろう。と、考えて一呼吸おいて、一番望む言葉を考えていた。

そして、彼女からすごい速さで返信のLINEが来た。「待っていました。パワーをありがとう!」と。

そして、これまでの病気の経過、どんな思いで仕事を続けていたのかなどをばあ~~~~っとLINEに埋め尽くしたのだ。

わたしに当てた返答だけど、メンバーみんなからのパワーが必要なほどの心境だと感じた。そこまで、求めてくれたら、このことは絶対に忘れない!パワーを送りつづけようと、腹をくくった。

いくら、言葉で伝えても、心が伴わなわなければ、決して気持ちは届かない。明日は、本気で手術が成功するように胸中で祈りながら、足元の仕事をしっかりしよう。

と、こんな風に12月第2週目が始まった。

12月の先急ぐ雰囲気につられて、昨日から、家の模様替えをしている。夫が積ん読タワーを欲しがって、近しいものを昨晩、手に入れてから、部屋中がかたずけもので錯乱している。

今朝も、かたずけが終わらないまま、これから仕事に行こう。

とにかく、どんどんこなすことばかりだけれど、

心は失わないよ。

“「祈る」ことは「忘れない」ということ~本気で祈ると必ず伝わる 【暮らし・雑感】” への2件の返信

  1. 「冬茜 積読タワーも 一瞬紅」 清流
     凍てついた部屋の中、新しく導入した積読タワーが一瞬、べに色に染まった。情報も一瞬の間を掴んでこそ活きる。積読パワー全開中、廻るよまわる積読タワー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です